みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

【防犯外構のまとめ】心地よい住まいに防犯機能を備えた外構づくり

   

外構・エクステリアリフォームにより、おしゃれでかつ防犯のことも考えた外構づくりの基本的な知識のまとめです。きれいで安心な家づくりには大切なポイントとなりますのでチェックしておきましょう。

外構・フェンス

防犯に適した塀の高さとは

家に不審者を侵入させない手段の一つが塀やフェンスです。高い塀は簡単に越えられることはできず、家の中も見えなくなるためプライバシーを守るのに適しているかのうように思いますが、この高い塀は一度越えられると外からはは死角になってしまいます。つまり、高い塀が狙われやすくなる原因となりかねないのです。

 

塀は見通しの良さを重視

高い塀や生垣は中に入りにくいという利点はありますが、いったん入ってしまったら外からは見えにくいということもあります。不審者は一目を気にするので見通しの良いフェンスを採用しましょう。

柵には簡単には乗り越えられない高さで見通しの良いデザインのものがおすすめです。門扉には自動施錠、電気施錠付き門扉もありますのでつけると安心です。

 

カーペースには浸入防止のゲートを設置

カースペースは車の出し入れのしやすさはもちろんですが、浸入防止の措置をしておきたい場所でもあります。侵入者は車の陰に隠れやすいので、外からは入れないようにゲートやシャッターを設置して侵入者を防ぎましょう。

 

防犯砂利

防犯砂利で不審者を防ぐ

歩くとジャリジャリと音がする防犯砂利は効果絶大です。なぜなら、侵入者は音を立てることを非常に嫌うからです。

この防犯砂利はホームセンターにも売っているので今のお庭に自分で撒くことも可能です。色もバリエーションがあるので自宅の景観を損ねずオシャレに防犯対策することも可能です。

 

防犯砂利を撒くときのポイント

・侵入経路に撒く
・飛び越えられない範囲で
・雑草はあらかじめ抜いておく
・4センチくらいの深さで撒く

防犯砂利は侵入経路となる所を中心に撒きますが、ジャンプして飛び越えられないくらいの広さに撒きましょう。4センチくらいの厚みで砂利を撒くことで良く音が鳴りますし、砂利が偏って地面が見えてしまうことも防げます。

砂利を撒くときはあらかじめ雑草を抜いておきましょう。見た目の問題でもありますが、雑草によってせっかくの防犯砂利の音の効果が最大限に発揮できないため、雑草対策はしっかり行っておきましょう。

 

外構・エクステリアへの照明取り付け費用のめやす

エクステリアの照明取り付け費用の相場

取り付け費:1箇所約5000円~10000円
電気工事費:1箇所約5000円

エクステリアに照明を取り付ける費用はどのタイプの照明を選ぶかによって大きく変わりますが、大抵の場合は照明の商品代プラス照明1箇所につきいくらといった計算方法です。
エクステリアではスポットライトタイプや電灯のようにするポールタイプ、門灯タイプなどがあり、取り付けの形によって費用が異なってきます。

 

外構工事の得意な会社に現地調査をお願いしましょう

外構のライトは防犯の為に暗がりで隠れられる場所をなくすことも必要ですが、明るすぎるのも近所迷惑になる可能性があるためよくありません。電灯の点けすぎは電気代ももったいないので、適度な明るさにすることが大事です。自宅の外構やお庭にあった適度な明るさを提案してくれる施工会社を選ぶようにしましょう。

 

普段の生活で気を付けたいこと

不審者に狙われやすい家と狙われにくい家がある

同じ住宅街にあっても、空き巣や不審者に狙われやすい家とそうでない家があります。いかに取り上げる項目を確認して、不審者を近づけない家づくりを普段から心がけましょう。

 

庭や家の周りをきれいに保つ

不審者に狙われやすい家の特徴の一つに「庭や家の周りが散らかっている」という点があります。庭や家の周辺の落ち葉やごみはこまめに掃き掃除をしてきれいに保ちましょう。また、草ボーボーの庭は不審者が身を隠しやすい環境になりますので、草取りもしっかり行って不審者を近づけないようにしましょう。きれいな花を植えて花壇を管理することも意外と効果があります。

 

侵入しにくい外構を

侵入しにくい敷地とは、門扉が電子施錠されている、乗り越えにくい柵などの侵入に時間がかかりにくそうな外構、そして、入りやすい場所や家の陰になる場所は防犯砂利を敷くなど、見通しの良い庭など、不審者が入りにくい外構づくりをしている家です。

 

普段からご近所と声掛けを

ご近所の人と日常からコミュニケーションをとっておくことも、大切な防犯対策です。見慣れない人物が敷地内に入っているのを見つけてくれる可能性もありますし、挨拶などの声掛けで不審者を遠のけることもできます。

 

昼間の時間も油断は禁物

不審者が活動するのは実は昼間の方が多いのも事実。日中は仕事で誰も家にいないなど、夜間よりも不在の確立が高いからです。そのためにも、先述したようにご近所とコミュニケーションを日常からとっておくなどを習慣づけましょう。また、ゴミ出しも要注意!ゴミ出しの際にカギをかけずに出た隙に入られてしまう可能性があります。泥棒はリビングにはるハンドバッグをサッと持っていくだけで短時間で犯行が成立してしまいます。ゴミ出しの際も油断せずに玄関や窓の施錠をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 - エクステリア, リフォーム, 未分類