みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

窓の防犯を考える!侵入されにくい窓とは

   

不審者に侵入されやすい窓ですが、防犯を考えた窓にすることで大幅に侵入を防ぐことができます。その方法をご紹介していきます。

侵入の約6割が1階窓からの侵入

一戸建て住宅では泥棒の侵入のおよそ60%が1階窓からの侵入です。また、侵入の手口で一番多いのは鍵のかかっていない窓からの侵入(無戸締り)。次に多いのがガラス破りです。

 

侵入を防ぐには「侵入に時間がかかる」と思わせること

不審者侵入の対策としては不審者に「侵入が難しい」「時間がかかりそうだ」と思わせることです。ガラス1枚割っただけでは侵入できない仕組みにすることがポイントとなります。

「防犯合わせ複層ガラス」を使用する

防犯合わせ複層ガラスとは2枚のガラスの間に中間膜が挟んであるため、ガラスをハンマーなどでたたいてもヒビが入るだけで割れにくいのが特徴です。ガラス破りの場合は窓のカギ付近のガラスを割り、手を入れて鍵を開ける手口なので割れにくければこの手口が通用しづらくなります。

 

窓に面格子をつける

お風呂や台所などの窓であれば面格子をつけることで「入りにくい」ということを印象付けることができます。

 

窓ガラスのカギを暗証番号方式にすることもできる

窓ガラスのレバー式のカギを暗証番号による開錠方式に交換することもできます。暗証番号であれば万が一ガラスを破られたとしても暗証番号を知らなければ鍵が開きません。クレセント錠の交換自体は難しくないので取り入れてみるとよいでしょう。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム