みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

日本古来の内装の成り立ち 日本の気候に合った快適な住まい 畳・障子・ふすま

   

日本古来の内装・建具が生まれたのは奈良時代にさかのぼります。古来より日本人に愛されてきた日本固有の建具・内装についてご紹介します。

畳の歴史

奈良時代(710年ごろ)

現存する畳の一番古いものは奈良時代のもので、奈良県の東大寺正倉院に保管されています。この頃の畳は現在のござのようなもので、真薦(マコモ)を編んだござを5~6枚重ねてい草の菰(コモ)で覆って縁を付けていました。眠るときはこれを2つ並べて使っていたと考えられています。

 

平安時代(794年ごろ)

この時代の畳は百人一首にも描かれているので想像がしやすいのではないでしょうか?板の間に座ったり寝たりする部分のみに畳を置いていました。この頃の畳は権力の象徴としても使用されていました。

 

鎌倉時代(1192年ごろ)

この頃から現代のように畳が部屋全体に敷き詰められるようになりました。この時期から畳は日本の「床材」となるようになりました。

 

室町時代(1392年ごろ)

実は正座という座り方が始まったのがこの頃。正座をするようになったのが畳を部屋全体に敷き詰めるようになり、床が柔らかくなったことによります。

 

安土桃山時代(1573年ごろ)

茶の湯が発展したのがこの頃。茶室を作る上で畳の配置も現代に近いものになりました。

 

江戸時代(1603年ごろ)

畳が将軍家や大名家、武家には大切なものとなったのがこの頃。「御畳奉行」という役職まであったほどです。町人の家に畳が普及するのは江戸時代中期以降。江戸後期には庶民の家にも畳が普及し始め、畳職人という職業が発展しました。

 

明治時代(1868年ごろ)

農村に畳が普及するのは明治時代になってからです。特に明治維新後は庶民の家にも広く畳が普及しました。

 

畳べりの歴史

畳べりは畳の縁を囲う布のことです。

昔は畳べりは座る人の地位や身分によって色や模様が決められていましたが、現在では特に決まりはありませんのでお好みのものを選ぶと良いでしょう。

和室のマナーとして「畳べりを踏んではならない」というものがあります。これは昔、畳べりには家紋などを入れた紋縁というものが使用されており、これを踏むということはその家の主人の顔を踏むことになり失礼にあたるので畳べりは踏まないのがマナーです。
また、昔の畳べりは植物染めのものがほとんどで、踏むと染めた色が落ちやすかったことも一つの理由です。畳を傷めないための心遣いとして畳の縁を踏まないということがマナーとなりました。

 

障子の成り立ち

障子の誕生は平安末期

障子の起こりは平安時代末期で間仕切りの機能を持ちながら光を通す紙を貼ることで採光もできる建具として当時としては画期的なものでした。

それまでは御簾(みす)や格子、帳(とばり)で部屋どうしを隔てていましたが風が強い日や冬季には寒さをしのぐことが難しく屏風や几帳で室内を囲んで冬季は過ごしていました。障子の出現で風や外気を防ぎながらも明かりを通すことでこれまでにくらべて格段に快適な環境に変わりました。

源氏物語絵巻には障子の前身となるものが描かれている

源氏物語絵巻には黒漆塗りの格子戸を引き違いに利用したり建具のようにはめ込んだ間仕切りが描かれています。これらは明障子の前身となるものだと考えられています。

 

襖の成り立ち

襖の成り立ちは平安時代

平安時代の貴族の屋敷や帝の暮らす御所は部屋に仕切りを作らずに屏風や簾(すだれ)、几帳で部屋を仕切っていました。当初は御所の寝所の間仕切りとしてふすま障子が使用され始めました。衾(ふすま)という寝具や布団の意味合いからとって寝所は衾所(ふすまどころ)とも言われていました。

鎌倉・室町時代になると引き違いが一般的に

鎌倉、室町時代になると衾は引き違いが一般的になり、現代のように開け閉めが簡単にできるようになりました。武家や僧侶の屋敷でも使用されるようになり、襖に絵が描かれるようになったのもこのころです。

 

 

 - 未分類, , 自然素材