みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

玄関の介護リフォームの前にチェックしておきたいこと

   

玄関の介護リフォームをする前にチェックしておきたいことをご紹介します。玄関は段差が多く事故が起きやすい場所です。しかし、大規模工事をしなくても市販の商品で解決できることもあります。予算内で安心な玄関づくりにできるよう、チェックするべきことをまとめました。

 

玄関の床材は滑りにくい素材で、段差がわかりやすい色にも注意する

雨の日の玄関は滑りやすいので滑りにくい素材にする必要があります。また、段差が見えにくい色の床材は特に夕方や悪天候の日は見えづらいので見えやすい色にするなどしましょう。

 

玄関の段差を減らす

玄関から室内に上がるときの段差を一段増やして上がりやすくすると身体の負担が減ります。段差については市販の踏み台がありますので工事をせずに使用してもよいでしょう。手すり付きのものも販売されているので便利です。

そのほかに靴の脱ぎ履き用に椅子を置いておくと便利です。

 

 

門扉から玄関までの階段を緩やかにするかスロープに

将来車いすで行動するならスロープに変更します。階段には手すりを設置しましょう。

 

車からの乗り降りの導線も意識しておく

今後、車からの乗り入れはどのように行うかもイメージしておくと将来困りません。自家用車だけではなく、タクシーを使って通院などのケースも増えてきます。タクシーから玄関までサポートしながら家に入るのもかなりの距離と体力を使います。歩行が困難になった場合、どのように誘導するかもイメージしておきましょう。

 

 

 - 未分類, リフォーム, バリアフリー