みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

ベッドの隣に水洗トイレ!ベッドサイド水栓トイレをご存知ですか?

      2018/02/21

在宅介護で最も苦労する排泄。高齢になると頻尿になり排泄の回数が多くなり、介護する側は夜中はもちろん24時間対応しなければならず、介護される側も相手に気を使って我慢してしまったり、我慢がイライラにつながったりもします。そこで画期的なのがTOTOから発売されているベッドサイド水洗トイレです。

在宅介護の排泄の問題

介護する側

・24時間サポートの必要と回数の多さ。夜中は3~4回起こされることも。

・排泄後の処理が大変。おむつやポータブルトイレの場合はやはり排泄後の処理が大変になります。時にはトイレの失敗ということも起こるでしょう。その際のお掃除など負担がかかります。

 

介護される側

・家族に迷惑をかけたくなくて我慢してしまう。

・あまり水分を取らないように気を使ってしまう。

・転倒などの事故が心配

 

ベッドサイド水栓トイレ

 

 

本体価格:39万8000円(工事費は別途)
温水でおしりを洗えるウォシュレットつき

このトイレは水洗トイレなので、人の介助なしに使用後の後始末ができるため、気にせずに一人でトイレができます。
さらにポータブルトイレやおむつのように汚物処理の負担がなくなり、においも軽減できるところが介護する側、される側双方にとって負担がありません。

床に固定するわけではないため、利用状況に応じていつでも移動することが可能です。大人が2人いれば持ち上げることが可能なので状況に応じて移動させていくことができます。

何といっても介護される側が一人でトイレに立てることは精神的な負担も軽減でき、自信にもつながります。

 

 

ベッドサイド水栓トイレは介護保険制度 特定福祉用具・特定介護予防福祉用具の購入対象品

ベッドサイド水栓トイレは本体価格が40万円近くとなる高額商品です。しかし、介護保険制度 特定福祉用具・特定介護予防福祉用具の購入対象品となりますので介護保険を利用して購入・設置することが可能となりますのでぜひ制度を利用しましょう。

 

 

 

 - 未分類, トイレ, バリアフリー