みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

浴室・お風呂の介護リフォームのポイントと必要性

   

浴室は高齢者の事故の多い場所。段差や床の滑りのほか、浴室が寒すぎることも事故の原因となります。ここでは浴室リフォームのポイントと浴室リフォームの必要性も考えていきたいと思います。

お風呂の介護リフォームのポイント

・浴室と脱衣所の床の段差をなくす

・滑りにくい床材にする

・浴室暖房

・手すりの設置

・浴槽を埋め込み式にして入りやすくする

浴室での転倒を防ぐために、脱衣所から浴室までの床をバリアフリーにすると安全です。さらに床を滑りにくい素材にすること、浴槽内にも滑り止めマットを敷くと良いでしょう。浴室内では立ち座りの動作や浴槽をまたぐ動作が入るため、手すりがあると動作の助けとなります。浴槽は高いので半埋め込み式にすると入りやすく転倒事故を軽減できます。

 

入浴は介護サービスを利用することも可能。必要な機能を追加するリフォームで

浴室の介護リフォームを万全にするほかに、介護サービスを利用するという選択肢もあります。デイサービスで入浴を済ませることができれば自宅の浴室を家族の介助により使用するということはあまりありません。さらに、訪問入浴という介護サービスもあり、この場合は部屋でも入浴することができます。

浴室のリフォームは高額になりますので、転倒防止のための手すりを取り付ける、浴室の全面リフォームの前にトイレを介護対応できるようにリフォームするなど優先順位を考えて実施すると良いでしょう。ご本人の状態と家族のライフスタイルに合わせたリフォームにするためにケアマネージャーさんとよく相談して決めると失敗が少ないと思います。

 

 

 - 未分類, リフォーム, バリアフリー , , ,