みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

ホームエレベーターの構造の種類 

      2018/03/05

エレベーターには人が乗る「かご」を動かすのに主に2種類の方式があります。

 

エレベーターの駆動方式には「油圧式」と「ロープ式」がある

油圧式

油圧式エレベータはエレベータールームを直接下からジャッキで支え、作動油の圧力を制御してエレベータールーム(かご)を昇降させる方式です。

油圧式の場合は定期的にオイル交換をする必要があり、平均して5年ごとに5万円ほどの費用がかかります。油圧式のメリットは乗り心地がよいということ。ただし、油圧式は低層階向けのエレベータとなります。

 

ロープ式

ロープ式エレベータはドラム型の巻取り装置でワイヤーロープを巻き取ったり戻したりしてエレベータールーム(かご)を昇降させる方式です。

ロープ式は低層から中高層まで対応でき、油の交換の必要もないためランニングコストはよくなります。

 

 

 

 - バリアフリー, リフォーム, 未分類