みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

あなたの家の外壁のシーリング大丈夫!?定期的にチェックして家を健康に保ちましょう

      2018/02/02

シーリングは建物の継ぎ目などの防水性・気密性を高めるために隙間をシーリング材で充填するものです。シーリングは外壁に比べて劣化が早く、劣化により水漏れや浸水の原因となります。定期的にチェックして家を長く健康に保ちましょう。

シーリングとは

シーリングは建物の継ぎ目などの防水性や気密性を高めるためにシーリングのようなもので充填するものです。ひび割れなどの隙間にもシーリングて対応することもあります。

シーリング材には「定型シーリング材」と「不定形シーリング材」とがあり、定型シーリング材では合成ゴムを紐状などにして使用されます。不定形シーリング材は樹脂などがペースト状になったものです。不定形シーリング材は手活けシーリング材に比べて耐熱性、耐水性が劣りますが、汚れに対して強いのが特徴です。

シーリングの寿命は3~5年

シーリングの耐用年数は3~5年と短く、水漏れの原因となります。水漏れは建物の内部に水が浸水することで内部の建材の腐食の原因となります。シーリングに関しては毎年1回でも外壁を観察し、シーリングの割れや外壁材からの剥がれといった症状がないか確認し、早めに対応しましょう。

シーリングにはすべてのシーリングを取り換える「打ち替え」と今のシーリングの上から新しいシーリングを補充する「打ち増し」があります。状況や外壁の方角や場所によってもやり方を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 - 未分類, 外壁塗装, リフォーム