みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

カウンターキッチン、対面キッチンも細かいニーズで隠す部分は隠せる!対面キッチンの種類

      2018/01/18

カウンターキッチンや対面キッチンのようなリビングが見える状態で作業ができるタイプのキッチンでも「どれくらい見せたいか?」「どこからは隠したいか?」によってキッチンのタイプが変わります。そこであなたのニーズに合った対面キッチンの種類をご紹介します。

ゲストを呼んでのホームパーティーが多い、調理中もリビング空間との一体感を感じたい

調理中もリビング空間との一体感を感じたい場合や来客が多く、ホームパーティーの際にゲストと調理をしたりすることが多い場合はアイランドキッチンがおすすめです。キッチンからリビングが見渡せるタイプでその逆にリビングからキッチンの様子が見渡せます。

調理しながら家族との団らんを楽しんだり、配膳が楽なのでゲストに料理を運んでもらって一緒にクッキングするのも楽しいキッチンです。

オープンキッチンにしたいけど調理台は隠したい

憧れのオープンキッチン。でも、調理中のキッチンってかなり散らかりますよね。これがキッチンの実際です。でも安心してください。オープンでありながら手元を隠すことも可能です。対面キッチンのリビング側に対面キッチンユニットを取り付け、手元がリビング側から見えないようにすることができます。

 

対面がいいけど、隠したい部分もある!

対面がいいけど、やっぱり見られたらこまる部分もある、コンロなどの油が飛ぶ可能性のある機器の周りは壁があった方がいいという場合はセミオープン対面キッチン、一般的にいうカウンターキッチンです。一般的にはシンクの近くが対面になっているので洗い物をしたり、作業台で作業をしながらリビングの様子を見たり、家族と会話したりすることができます。

 

 

 - 未分類, リフォーム, キッチン ,