みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

キッチンの天板などによく使用されている人工大理石とは?

      2017/12/29

人工大理石とはアクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で大理石の代わりにキッチンや洗面台、バスなどに使用されています。

人工大理石の特徴

人工大理石の特徴は加工性や着色性に優れていて、色や形が豊富であるほか、耐久性にも優れていてキッチンに最も広く使用されています。欠点としては生成には型が必要になるためにオーダーメイドなど特注品の対応が難しいこと、天然の大理石に比べて柔らかく傷つきやすいことです。お手入れの際に研磨剤入りナイロンたわしやクレンザーなどでこすると濃い色の製品は表面の色がうっすらと白っぽくなってしまったり、塗料剥離剤を使用すると表面が侵食されてしまったりするので注意が必要です。

人造大理石(テラゾー)との違いと特徴

人造大理石は天然の大理石などを粉砕し、セメントや樹脂などで固めた半人工の素材で、外観はマーブル模様になります。人工大理石との違いは特にその外観です。また、人工大理石には大理石や石は入っていないため素材としては全く別の物となります。

 

 

 

 - キッチン, リフォーム, 未分類, 用語集 , , ,