みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

自然素材を使ったリフォームの基礎知識

      2017/10/30

住居は毎日生活をする場所。特に床や壁はインテリアの雰囲気を決めるだけでなく、住む人の目に毎日触れ、身体や手に直接触れる場所でもあります。最近では自然志向の高まりやロハスブームもあり、天然の素材を自宅に使用したいという人も増えています。

自然素材のリフォームの利用例

・珪藻土・漆喰の壁
・無垢材のフローリング
・畳
・大理石などの天然石

 

自然素材にはメリットとデメリットがあります。自然素材のもつ長所と短所をチェックしておきましょう。

自然素材のメリット

自然でナチュラルな空間に仕上がる

自然素材を使うことでナチュラルやロハスな雰囲気の部屋に仕上がります。カフェ風のお部屋や優しい雰囲気のお部屋を実現できます。

時間の経過による味わいの楽しみ

自然素材ではない新製品では新品の時が最高の状態。あとは劣化していくだけです。自然素材は住む人と共に呼吸しながら、味わいと風合いを出しながら変わって行きます。時の経過とともに変わって行く楽しみもあるのが天然素材です。

自然素材のデメリット

掃除や手入れの大変さ

例えばビニールクロスの壁紙はちょっとした汚れなら雑巾で拭けば簡単に綺麗になりますが、漆喰や珪藻土の壁は液体の汚れが落ちにくいのが特徴です。フローリングも無垢の自然素材は汚れやキズが付きやすいです。

素材が変化しやすい

人とともに呼吸しつづけている自然素材はその変化を楽しむことも出来ますが、変化しやすいのもt口調です。ひびや割れなどが起こることもあります。

しっかりと手入れをすれば長く付き合っていける自然素材ですが、手入れを怠ると傷みが出てくることもありますので注意が必要です。

 

施工費用が高い

自然素材は素材自体が高価であったり、施工期間が長くなったりする傾向があるので、費用は高くなります。

 

 

 

 

 - リフォーム, 未分類, 自然素材