みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

失敗しない!リフォームの進め方8ステップ

      2017/12/02

満足のいったリフォームにするには要望や希望がしっかりと伝わり、安心して任せられる会社とスムーズに連携を取りながら行うことです。そこで、依頼先に要望をしっかりと伝え、満足したリフォームに仕上がるようにリフォームの進め方の手順をご紹介します。

ステップ1 情報収集

気になったリフォーム会社から資料請求を行います。大手から地域密着型までリフォームの希望をかなえてくれそうな気になる会社からカタログを取り寄せます。

 

ステップ2 リフォーム予算を決定する

リフォームに充てる予算を決めます。手元資金が足りない場合はローンを検討します。リフォームにはリフォームローンを利用する方法と住宅ローン利用する方法がありますので金融機関の窓口でシミュレーションしてもらうと良いでしょう。

 

ステップ3 問い合わせ・資料請求

資料請求をした中から希望が叶いそうな会社に問い合わせをします。問い合わせでは

①リフォームする家の住所
②一戸建てかマンションか
③家の状況(築年数、広さ、構造)
④住まいの要望や不満
⑤工事時期に希望があれば
⑥予算

です。

 

ステップ4 現場調査・見積り

現場調査で実際の家の状態を見てもらいます。その際に家の図面が用意してあると良いです。また、あらかじめリフォームの希望や住まいの不満点をメモに書き出しておいて用意しておくと希望の伝え洩れがありません。

さらに、希望を伝えやすいように希望のイメージの雑誌のスクラップや画像、写真などを用意しておくと担当者に伝わりやすく、プランも立てやすくなります。

 

ステップ5 依頼するリフォーム会社を決める

現場調査を終えてから見積書と工事プランが届きます。だいたい現場調査から2週間ほどと考えてください。一番希望に合ったと思う1社に決定します。担当者との相性も大事なポイントです。信頼してお願いできる会社と担当者も重要視して選びましょう。

設備機器はプランに書いてあるものを実際にショールームに行って実物を見てくることをおすすめします。その際、キッチンの高さや導線、バスのサイズなど実際に実物に触れて確認するようにしましょう。

 

ステップ6 契約

契約を交わす際は書類内容をよく確認してから捺印するようにしましょう。書類を渡されたその場で契約するのではなく、一度持ち帰り内容をよく読んでから署名捺印するようにしましょう。不明な部分があればどんなに些細なことでもリフォーム会社に確認をとることが大事です。

 

ステップ7 工事

リフォームが大規模で仮住まいが必要な場合は早めに引っ越しの手配を行いましょう。工事前には近隣へのあいさつも忘れずに。工事期間と内容を伝えて近隣トラブルとならないように配慮しましょう。

 

ステップ8 完成・引き渡し

工事が終了したら担当者と工事の仕上がりを確認し、設備機器の動作確認をして問題がなければ「完成」となり、引き渡しとなります。

完成・引き渡しをもって、契約の通りに工事の残金を支払うなります。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類, リフォーム , ,