みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

トイレの交換リフォーム いまのトイレの種類は?

      2017/10/31

トイレの交換・リフォームでは節水効果の他にも機能面、お掃除のしやすさなど工夫を凝らしたものが出ています。この記事ではトイレの種類をご紹介します。

 

トイレは進化している!節水効果にも期待

最近のトイレは線状の際の水量が大幅に減って節約効果が高くなっています。従来品に比べて年間15,000円の水道代節約が可能な商品も発売されています。

実際にトイレを選ぶ際には節水やデザインの他に掃除のしやすさも重視しましょう。

 

トイレのタイプ

【タンクレス】

 

タンクレストイレはコンパクトな形状で、タンクがない分奥行きも10センチほど小さくなります。つまり、トイレの前の部分がのスペースが10センチ広くなるということ。同じトイレの室内でも広く感じることができます。また、タンク裏の壁との隙間のホコリなどのお掃除が必要なくなったりとお掃除が楽になります。

タンクレストイレで注意したいことは水圧が足りないと設置できないこと、そしてタンクではなく電気で水を流すため、停電の際は毎回バケツなどに水をくんで流すことになります。費用も現状タンクレストイレの方が割高です。

 

【タンクあり】

タンクありトイレには手洗いつきタイプと手洗いなしタイプがあります。最近ではコンパクトなものも登場しているので従来品よりはトイレを広く使うことができます。

 

 

注目すべきトイレの機能

 

 

リモコン

壁付けのリモコンで便器の洗浄、便座の温度、ウォシュレット機能などを操作することができますので快適に、清潔にトイレを使うことができます。

 

掃除のしやすい形状

水流の流れで汚れを流す機能や汚れが付きにくい素材の便器など、お掃除が楽になる工夫が凝らされている便器が多数登場しています。

 

自動開閉・自動洗浄

センサーで便器の開閉を行ったり洗浄も自動で行う機能があります。直接手で触れる必要がなくなるため、より清潔に使えるようになります。

 

 

トイレ本体以外のリフォーム

内装

トイレだけを交換するのではなく、トイレの壁や床材を交換すると新築のような空間に生まれ変わります。壁についたトイレの落ちない汚れを壁をリフォームすることで気持ちのいい空間に一新することができます。

 

トイレ内の洗面台

タンク上の手洗いがないタイプにはトイレ内に洗面台を取り付けると便利です。最近ではタンクレストイレを設置する家庭も増えていて、そのおよそ20%がトイレ内に洗面台を設置しています。

タンク上に手洗いがついていても、小さなお子様がいる家庭では手がとどかなかったり水が飛び散って汚れることを避けるためにトイレ内洗面を取り付けていることも多いようです。

 

実際にショールームで見てお家に合ったトイレを

いかがでしたか?いま、トイレはさまざまな新商品が出てきています。どんなものが自宅のトイレとして合っているかは一度ショールームで実際に見てみることをおすすめします。あらかじめ予算を決めておいて必要な機能と不要な機能を見分けるといいですよ。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム, トイレ , , ,