みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

ストック食材の収納に便利な今人気のパントリー メリット・デメリットは?

      2017/11/23

今、キッチンのパントリースペースが人気を呼んでいます。

パントリーはキッチンの一角に作った食材などを収納しておけるスペースでウォークインのタイプが今人気を呼んでいます。
パントリーはストックの食材を収納しておくことができるほか、大きな食器なども収納できるスペースです。

パントリーのメリット

・収納スペースが大きくなり、キッチンがすっきりする
・ストック食材を収納できる
・食器や大きめの調理器具を収納しておくことができる
・立ったままストックしてある食材を取り出すことができる

パントリーの最大のメリットはその収納力。休日にまとめて食材を購入している場合は特にその置き場所が確保できるため便利です。飲料水のストックや重い調味料、根菜類などなど、キッチンの収納には入りきらないものもしっかりと収納でき、取り出したいときにそのまま出すことができます。食材のみならず、普段使わない食器やホットプレートや土鍋などの大きな調理器具も収納しておくことができ、すぐに出すことができるので便利です。

パントリーのデメリット

・収納スペースを取られるのでキッチンが狭くなる
・調理の際の導線が悪くなることも
・たくさんしまえるので物が増えたり、食材ロスにも

パントリーのデメリットは収納の分、スペースを取られるのでその分キッチンやその付近が狭くなることです。この点では収納スペースを増やしても居住スペースが狭くなる心配のない床下収納の方がメリットがあるでしょう。また、パントリーの大きなスペースについついものを詰め込んでしまい、ストック食材が古くなってしまったなんてことも起こりがちです。収納には適量がありますので物の量を考えてパントリーを設置すると失敗が少なくて済みます。

 

 

 

 - キッチン, リフォーム, 未分類 , , ,