みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

和室の壁の種類にはどんなものがある?和室におすすめの塗り壁材

      2017/11/11

和室の塗り壁には種類があります。それぞれ材料が異なる為に性質が異なります。塗り壁材の選び方によって施工費用も変わりますので住まいに合った壁を選びましょう。

土壁

土壁は数寄屋建築や茶室などによく使用されます。色土が京都から良く産出されることから「京壁」と呼ばれることもあります。土の種類によって「聚楽壁」「大津壁」「錆壁」などがあります。

聚楽壁は京都府付近に算出する土を用いた壁材で仕上げたもので、大津壁は石灰に色土とすさを混ぜた漆喰に似た仕上げですが、漆喰に比べて黄変が出にくく光沢がある大津磨き仕上げは最上級の仕上げです。

 

 

砂壁

砂壁は色砂を海藻の煮沸液やデンプンの糊で練って仕上げた壁材です。砂は天然砂や砕石、貝殻やガラス粉、金属粉を使用しているためキラキラしたニュアンスなども加えることができます。質感はなめらかな仕上がりが特徴で、モダンに仕上がるタイプもあります。

 

砂壁のメリットは調湿効果に優れているため和室の環境に合っていること、砂は不燃性物質のために防火性に優れているということです。デメリットは劣化してくると砂がポロポロ崩れ落ちてしまう事です。何か硬いものをぶつけても砕けて砂が落ちることがあります。

漆喰壁

漆喰は消石灰に砂と糊などを混ぜたもので、耐久性、断熱性、防火性、などに優れています。漆喰は表面にニュアンスを加えることもできますが、鏡面仕上げと言って表面をつるつるに仕上げることもできます。最近では色もさまざまなものが出ていますので、モダンな和室を作り上げることができます。

珪藻土壁

海や湖に生息している珪藻というプランクトンの死骸が堆積してできた土層から採取されたものに固化材を加えたもので、調湿効果、有害物質の吸収、断熱性に優れています。七輪の材料にも使用されているくらいなので防火性も抜群です。

 

 

 

 - 塗り壁, 未分類, 自然素材