みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

冬暖かい家にするポイントは窓にあり!熱が逃げやすい窓の断熱性を高めるサッシの選び方

      2017/11/20

断熱と言えば天井、壁、床などに断熱材を入れて部屋の気密性をアップさせることが主体となりますが忘れてはならないのが窓。窓やドアは熱が逃げやすい代表的な場所です。窓の断熱性をアップさせるには窓ガラスとサッシの組み合わせで選ぶことができます。ここではサッシの種類と断熱性について解説します。

主なサッシの種類は以下の4種類です。

 

アルミサッシ

アルミサッシは強度があり耐久性や耐候性があるのが特徴です。また、アルミは軽いので開け閉めの層さがしやすいのが特徴です。アルミサッシは断熱性が他のサッシに比べると比較的劣りますので結露しやすいという難点もあります。

複合サッシ

複合サッシはアルミと樹脂、またはアルミと木を組み合わせたサッシです。複合サッシというのはどういうものかと言いますと、建物の外側と室内側で素材が異なります。室内側には断熱性の高い樹脂や木を使用し、外側には耐久性、耐候性に優れたアルミを使うというものです。

樹脂サッシ

樹脂サッシは断熱性の高い塩化ビニルを材料にしたサッシで気密性と遮音性に優れています。アルミサッシに比べると強度が弱いので厚みのある構造になります。複合サッシに比べて高価になります。

木製サッシ

木は断熱性が高く、木製サッシは結露しにくいのが特徴です。木の素材感やデザイン性が高級感のあるインテリアを創り出します。ただ、木のサッシになりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

 

断熱性の高いサッシと複層ガラスで断熱性アップ

冬暖かい家を作るなら断熱性の高い樹脂サッシや木製サッシに複層ガラスを使用して室内の暖かな空気を外に逃がさないようにしましょう。複層ガラスには二重ガラスから三重のトリプルガラス、ガラスに金属膜をコーティングして断熱効果を高めたものもありますので住まいの地域の気候にも合わせて窓を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

 - 未分類, 断熱, , , , , ,