みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

よくあるキッチンの不満 キッチンリフォームの前に洗い出してみよう!

      2017/03/16

キッチンのリフォームを考えるときにやっておきたいことがキッチンの不満を挙げておくこと。キッチンは毎日使う場所。だから便利に快適に使える場所にしたいですね。そこで、よくあるキッチンの不満をまとめてみました。あなたのキッチンと共通の不満だったらリフォーム前にリストアップしておきましょう。

 

 

 

収納が少ない

キッチンの不満で一番多いのが、収納の問題。キッチンを選ぶときに十分な収納だったはずが実際には入りきらなかった、お皿の収納に困って結局いつも同じお皿しか使っていない、食器棚を置くスペースがない、などなど、キッチンの収納問題は挙げたらキリがありません。

 

キッチン収納のポイントの一つに、出しやすさが挙げられます。しまいやすさももちろん大切なのですが、出しやすさも大切。出しやすいキッチンでなければ、結局棚の奥にしまい込まれて使わないものだらけになってしまうもの。キッチンの収納を選ぶときは収納力と出しやすさを考慮して選ぶといいですね。

 

汚れが目立つ

油汚れやガスコンロの汚れなど、毎日使うキッチンは掃除が面倒なもの。でも、ちょっとサボっただけで汚れが落ちにくくなるんですよね。シンクの水滴汚れも気になってきます。ガスコンロの掃除は大変なのでガスコンロではなくIHクッキングヒーターにすればよかったという声もよく聞きます。

 

デザインが気に入らない

キッチンのデザインが気に入らないというのもキッチンでよくある不満です。年代の古いキッチンのデザインであったり、個性的な色がついているキッチンが気に入らなかったり、作業台の素材であったり・・・。

ちょっと前の年式のキッチンだと、長年の汚れや傷みも出てきますから、ドラマに出てくるような最新のキッチンを見ると憧れちゃいますよね。リビングのインテリアに合わせたキッチンにしたい、調理台を変えたい、憧れのアイランドキッチンにしたい、など夢が膨らみますね。

 

片付かない・人に見せられない

 

キッチンの高さが合わない

キッチンの高さが合っていないというのはキッチンの不満要素として高い項目。合っていない高さのキッチンで毎日調理をするのは疲労がたまり、つらいものです。低すぎるキッチンは腰痛の原因に、高すぎるキッチンは肩こりの原因になりかねません。

 

 

動線が悪い・狭い

キッチンがせまくて調理が不便だったり、作業をするときに他の途中のものをどかさなければならなかったり、シンクが小さすぎる、作業台が狭すぎるなどといった作業性の問題があります。

動線が悪いと効率も悪くなったり、逆に無駄なスペースが出てきたりするのでキッチンリフォームをする際は今のキッチンの導線に不満がないかもう一度見ておきましょう。

 

 - 未分類 , ,