みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

省エネ給湯器の種類を徹底比較!メリットを知って賢く省エネリフォーム

      2017/11/04

家庭の消費エネルギーの代表でもある「給湯」。毎日の暮らしに欠かせない給湯設備を効率化するだけで給湯だけでなく住まい全体の省エネを図ることができます。ここでは代表的な省エネ給湯器3タイプの特徴についてご紹介します。

エコキュートの室外機です。エコキュートの場合は2つの室外機を置くスペースが必要になります。

 

「給湯」は家庭の消費エネルギーの約3割を占める

お風呂や洗面、キッチンでお湯を作る給湯設備は毎日の生活になくてはならないもの。それらの「給湯」は家庭のエネルギー消費量の約3割を占める大きなもの。省エネ給湯器には主に3つのタイプがあり、それぞれ熱源が異なります。それぞれの特徴を知って長期的な視点で給湯器を選ぶのが賢い省エネ住宅のポイントです。

 

省エネ給湯器と従来型の違い

省エネ給湯器が従来型の給湯器と違うところは主に熱効率のアップと二酸化炭素排出量の削減を実現しているところです。従来の給湯器が熱効率80%に対して、省エネ給湯器は90~95%まで効率化されています。また、二酸化炭素排出量をこれまでの13~15%まで削減できているので、環境にも優しい給湯器となっています。

 

 

エコキュート(電気給湯器)


エコキュートのエネルギー源は電気です。ヒートポンプ技術で空気の熱でお湯を沸かすシステムです。貯湯用のタンクを使うので設置スペースがエコジョーズやエコフィールに比べて必要になります。設置費用は割高になりますが、夜間電力を使用することができるため、電気は割安な時間帯を使用できます。

火力はガスには劣りますが、日中はあまりお湯は使わないという過程では電気式のエコキュートでも十分です。

エコジョーズ(ガス給湯器)

エコジョーズのエネルギー源はガス。これまでのガス給湯器の排気を回収し、再利用してお湯を作ります。追い炊きの他に床暖房や浴室暖房もできる機種もあります。

ガスのメリットは電気よりも火力が強いこと。電気に比べてすぐにお湯を沸かすことができます。

エコフィール(石油給湯器)


エコフィールのエネルギー源は石油です。従来の石油給湯器が排気していた熱を給湯する際に再利用することができます。使用時の音も静かで匂いも抑えられ、コンパクトな大きさなのも特徴です。

 

 

 - 未分類, リフォーム, キッチン, 浴室 , , , ,