みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

床下断熱で夏涼しく冬は暖かい家になろう!

      2017/11/20

冬は足元がひんやりとして床から冷気が上がってくる、夏は冷房をかけているのに効果を感じられない。そんな状態を解消するには床下断熱をするのが効果的です。ここでは床下断熱の工事の方法や断熱材についてご紹介します。

床下断熱の種類

床断熱

床断熱は床材をはがしてフローリングの真下を断熱します。床断熱は床の暖かさを感じやすいのが特徴で、暖房効率も上がりますが、施工が基礎断熱に比べると一度床をはがす分工程や時間がかかります。

基礎断熱

基礎断熱は床は剥がさずに床下を室外から根太の間や大引き間を断熱します。床断熱に比べて施工は楽ですが、気密性が高いために湿気がたまりやすくなりますので、換気をこまめに行うことでカビや結露の発生を防ぎます。

 

断熱材の種類

床下断熱に使用される断熱材は主に3種類、木質繊維系、鉱物繊維系、発泡プラスチック系の3種類です。それぞれ特長がありますので自宅に合った断熱材を選ぶと良いでしょう。

木質繊維系(セルロースファイバーなど)

木質繊維系の断熱材は天然素材ですので、アレルギーやシックハウス症候群対策にも有効です。主原料が木材のため、調湿効果があり、呼吸する断熱材と言ってよいでしょう。

鉱物繊維系(グラウスウール・ロックウールなど)

一般的に普及している断熱材で、比較的手ごろな価格の断熱材です。防音性や吸音性もあるのも特徴。断熱の性能を上げるにはある程度の厚みが必要となります。また、不燃焼材ですので耐火性があり、安心です。

発泡プラスチック系(硬質ウレタンフォーム、ポリスチレンフォームなど)

発泡プラスチック系は比較的断熱性能が高いものが多く、施工が容易にできることもメリットです。

 

 

 

 

 - 未分類, リフォーム, , 断熱, , ,